>

きちんと管理する

定期的に点検しよう

物件の管理を続けていれば、入居者から壊れた部分の相談がくると思います。
相談が来たら放っておかず、すぐに対応してください。
すると入居者がこれからも安心して暮らせるので、トラブルが起こりません。
壊れている部分が見つかってもそのままになる物件では、入居者が不安を抱くのですぐに引っ越してしまいます。
また悪い噂が広がるので、入居者を増やすことができません。

自分で壊れている部分に気づくことも大事です。
入居者から言われる前に、修理することを心がけましょう。
定期的に不具合が起こっていないか点検することで、自分で気づけます。
修理自体は業者に任せれば良いので、管理は簡単です。
高齢になっても点検することぐらいはできるので大丈夫です。

リフォームも重要

壊れている部分を修理すれば、それでいいわけではありません
入居者がもっと暮らしやすいように、リフォームすることも大事です。
どうしたら入居者が快適な暮らしを送ることができるのか、考えてください。
エレベーターがなくて、不便に感じている場合はリフォームして取り付けることをおすすめします。
若い人は元気に階段を上がっていくことができますが、身体の不自由な高齢者は難しいです。

高齢者をターゲットにする場合は特に、リフォームでバリアフリー機能を搭載することが大事です。
階段に手すりを付けるなどもおすすめです。
入居者に意見を聞いて、どのような機能があれば便利が知ってください。
常に入居者のことを考えていれば、収入を増やせます。


この記事をシェアする